2002年12月より多くの皆様より講演を考えたいからホームページを見たいと温かいお声を頂くなかで私の思いをご紹介させて頂きます。時々ご覧頂けましたら幸いです。

-2004年 1月分メッセージ-

親の生活のクセ・心のクセをコピーして一人の人格ができるのです

 どの県に講演に参りましても親の再教育が必要と言われます。若い親で子育てが出来なくなっている人も、虐待も多く…このままでいいのだろうかと思います。三度の食事をして生活をしているならば、人間には生活の基本があります。
今、日本は、生活の基本が崩れ家庭崩壊にもつながっています。人間として当たり前のことがわからなくなっています。子育てを難しくして来た結果ではないでしょうか。子どもの心は、シンプルでないと育たないでしょう。
子育てを学問化した結果が今の日本の現状だと思うのです。
難しい言葉で子育てを難しくして来たのでしょう。
日産自動車社長、カルロス・ゴーン氏の言葉に
「プロは物事をシンプルにしアマチュアは複雑にする」
とあります。赤ちゃんがハイハイしておすわりして、つかまり立ちをして一歩一歩、歩くようにシンプルに順序を追えばいいのです。
2001年9月11日にアメリカで同時多発テロがありました。
首謀者とされているオサマ・ビンラディンも一軒の家で親の生活のクセと心のクセによって作り出された人間があの人間です。テロの根絶は家庭の中からです。
テロ・報復と人類は二千年も繰り返しています。
人間は、数千年かけて何を学んでいるのでしょう。
日本は、このままでは心配とどこに行っても言われます。

2004年は、一人一人の親が気づかない限り青少年の犯罪もまだまだ続くと思います。
2004年も日本各地におじゃますると思います、その節には、どうぞよろしくお願い致します。

2004年1月 内田玲子


今月のメッセージへ戻る


---All Rights Reserved, Copyright (C) 2002 REIKO UCHIDA OFFICE---
当サイトに掲載されている全ての内容(文書、画像等)の転載、使用を一切禁じます
-内田玲子 事務所-