2002年12月より多くの皆様より講演を考えたいからホームページを見たいと温かいお声を頂くなかで毎月私の思いをご紹介させて頂きます。時々ご覧頂けましたら幸いです。

-2003年 5月分メッセージ-

★ お 母 さ ん の 悩 み 特 集 ★
『小二でいじめをした子ども編』


■相談者:内田玲子先生のいじめの根っこを読んだ者ですが子どもの事で悩んでいます。
実は、小二の長男が、友達の目の横を突きケガをさせたので、学校の先生が謝りに行くように言われ主人と二人で行って謝りましたが、友達(小二)のお父さんが「万一の場合、目の中を突いて失明したらどうするんですか」と言われ、いかりが治まらないので、主人が腹を立て長男に何回もビンタをしました。

●内田:失明してないのでしょう。ビンタをする前に長男さんの心の中を聞いてやる事ですね

■相談者:それから息子がちょっとおかしいのです。私の作った食事をあまり食べなくなりました。おかしや、ジュースばかり食べているのです。

●内田:何日くらいですか?

■相談者:二日目です。

●内田:子どもは、親が絶対守ってもらえると思っていたのに不信感を持ったでしょう。心に傷がついたでしょうね。

■相談者:心の傷は取れるでしょうか。
ある方に相談したら愛をかけなさいと言われたのですが?

●内田:子どもを守ってやれなかった事を、先、謝ることでしょうね。その根底が認められず、祈って愛をかけても心の傷は取れないでしょう。子どもの心の中を聞いてあげる事が一番で、次に愛をかける事も大切です。いろいろな事をしても原点が分からなければ解決はしないでしょう。理屈や理論では、答えは出ないのです。又、答えは自分で出せるのです。

■相談者:愛してやろうと思ってもついイライラして息子をたたいてしまうのですが、どうしたらいいでしょうか?

●内田:そのイライラはどこから来ていると思いますか。朝は、何時に起きていますか。そして、息子さんは何時に学校に行くのですか。

■相談者:朝は、疲れているので7時過ぎ〜7:30分頃起き、息子は家を8時に出ます。朝起きるのと関係あるのですか?

●内田:ありますね。生活のリズムが答えですから、7時半では、あなたの心が忙しいから口(言葉)が忙しくなるのでしょう。当然イライラしますよ。イライラを取るには朝は、今の時間より十分早く起きる努力してみて下さい。たった一つが出来ないようでは、自分をごまかすために言い訳が多くなります。

2003年5月 内田玲子

今月のメッセージへ戻る

---All Rights Reserved, Copyright (C) 2002 REIKO UCHIDA OFFICE---
当サイトに掲載されている全ての内容(文書、画像等)の転載、使用を一切禁じます
-内田玲子 事務所-