多くの皆様より講演を考えたいからホームページを見たいと温かいお声を頂くなかで私の思いをご紹介させて頂きます。時々ご覧頂けましたら幸いです。

-2009年 11月分メッセージ-

あるお母さんからの相談

 地方講演に行きました時、次のような相談がありました。

■相談者:  小二の長男がずっとへん頭痛があり、あまり痛がるものですから、脳外科で検査してもらいましたが、異常なしと言われました。原因不明のへん頭痛が治らないのです。

●内田:  原因不明というのは、あなたの心の中に何かひっかかっているものがあるはずですよ。
 子供がサインを送る時は、「心が変化したよ」のサインですから認めないと、どんどんひどくなりますよ。

■相談者:  実は主人が医者で、主人の母から毎日手紙が来るのです。
 「私は、息子をこのようにして医者にしたので、孫を医者するには、私のようにしなさい」と言って私にはどうしても出来ないような事を、赤ペンで書いて来るのです。
 どうしたらいいのでしょうか?

●内田: 小二の息子さんを救うのは、あなたしか出来ないですよ。
 息子さんが苦しんで訴えているのですから、あなたも苦しいでしょうね。手紙が来たら読めば心にひっかかりますので、ご主人様に渡して「私に必要な事は教えてください」と言えば、大切な事はきちんと言われると思いますよ。

 「安心した、うれしい」と言われました。

 多くの人が、子供のサインを受け止めてほしいと願っております。

追伸  「めんどくさい?」(あるお母さんからの相談)・「すべての教育の原点は家庭教育にある」の小冊子・「サインは子供の心の変化を教える」他5種類のカセットテープ(20分)・講演会DVD(60分)をご希望の方は、送料と共に寄贈させて頂きますので、事務所の五十川あてにFAXか、お電話で申し込み下さい。
TEL:0585−45−8693
FAX:0585−45−9287

2009年11月 内田玲子

今月のメッセージへ戻る

---All Rights Reserved, Copyright (C) 2002 REIKO UCHIDA OFFICE---
当サイトに掲載されている全ての内容(文書、画像等)の転載、使用を一切禁じます
-内田玲子 事務所-