多くの皆様より講演を考えたいからホームページを見たいと温かいお声を頂くなかで私の思いをご紹介させて頂きます。時々ご覧頂けましたら幸いです。

-2008年 9月分メッセージ-

家庭崩壊の順序

 子どもはサインを送り、親の心を助けて行きます。

『あるお父さんからの相談』

 希望に包まれて結婚、そして待望の子どもが生まれました。
 生まれた時からひどい乳児湿疹、あまりにも小さくどうする事も出来ない、ミルクが飲めずガリガリなので点滴、次はアトピー、ぜんそくなど・・・なんとか3才になり入園しました。

 朝、子どもがピーピー泣くので朝ご飯を食べさせてやれと言うと、母は朝ご飯を作った事がないので大丈夫よ・・・とはじき飛ばす。
 園に入園するとどうしてオムツがとれないのだろう、子育てはくさくさ、あきあきと愚痴ばかり言い、ついには不倫をして離婚、子どもは夫が引き取ったと言うのです。

 子どもは、親に生活の基本を教えて心を点検してほしいと、サインを送ります。
 気づいた時に間に合うのです。
 生まれた日から乳児湿疹=>点滴=>高熱=>アトピー=>ぜんそく=>不倫=>離婚=>家庭崩壊と家庭が人間の土台を作るのです。
 親の生活のクセと心のクセをコピ−して、家庭に似合ったサインを送ります。
 答えは、一人一人の親の生活の中にあるのです。

2008年9月 内田玲子

今月のメッセージへ戻る

---All Rights Reserved, Copyright (C) 2002 REIKO UCHIDA OFFICE---
当サイトに掲載されている全ての内容(文書、画像等)の転載、使用を一切禁じます
-内田玲子 事務所-