多くの皆様より講演を考えたいからホームページを見たいと温かいお声を頂くなかで私の思いをご紹介させて頂きます。時々ご覧頂けましたら幸いです。

-2008年 7月分メッセージ-

★ 親 の 悩 み 特 集 ★
『いじめられている(小二女児)』


 子どもの心は真っ白です。子どもに問題が起きた時は、親の生活の中に問題があるのです。子どもは最初から問題は持っていません。親が、子どもにどのようなクセで関わってきたかを認めない限り、どのような方法を取っても答えは出ません。偉い方が、答えは持っていません。根は家庭の中にあるのです。


■相談者:
娘は小二です。クラスの女の子にいじめられています。親に何度もお願いしたのですがいじめは、どんどんひどくなっています。

●内田:
それは心配ですネ。心に限界が来た時は親に、わかるように体で(サイン)訴えて来ますが、何かありますか。

■相談者:
最初は、お腹痛い、頭痛い、足が痛い、気持ち悪い、ゲボしそうと言っていたのですが今は、学校で授業中に知らない間におしっこが出て、もらすと言うのです。おしっこをもらす事で、クサイと言って又いじめられているのです。勝手におしっこが出ると言うので病院に連れて行きましたが、異常は無いと言われました。

●内田:
心の限界が来ているのですネ。子どもさんが、ここまで体で訴えているのに、なぜだろうと考えませんか。サインは、今だったら間に合うよ。
「受け入れてよ」のサインですよ。あなたの心の中に答えがあるのです。
思い当たる事はありますか。

■相談者:
はい、実は主人が、毎日のように午前様で、いつもケンカになります。イライラを娘にぶつけていました。腹の底は、離婚しようかと今、迷っています。

●内田:
それが答えですよ。あなたが、自分優先の事だけ考えてイライラしているからですよ。
(中略)

などカウンセリングし、一ケ月後に電話しましたら、
相談者から
「三日間位で娘が変わりました。最初は、たまたまだろうと思っていましたが、考えられない事が起きました。いじめていた子と手をつないで帰るようになりました。無意識に出ていたおしっこも、今は出なくなりました。お医者さんが原因は無いですよと言われましたが、私の心の中に原因があったのですネ。今迄、犯人探しばかりしてきました。発信者は私だったのですネ。ありがとうございました」

との事です。
 人が幸せになる事が、私の心のエネルギーです。

2008年7月 内田玲子

今月のメッセージへ戻る

---All Rights Reserved, Copyright (C) 2002 REIKO UCHIDA OFFICE---
当サイトに掲載されている全ての内容(文書、画像等)の転載、使用を一切禁じます
-内田玲子 事務所-