多くの皆様より講演を考えたいからホームページを見たいと温かいお声を頂くなかで私の思いをご紹介させて頂きます。時々ご覧頂けましたら幸いです。

-2008年 5月分メッセージ-

人のせいにしない

 ある県の講演に行きました時、こんなお話を聞きしました。

■園児の親:
入園して三ヵ月たった時
うちの娘は入園するまで元気だったのに、入園してからカゼばかりひくので、よく当たる霊能者に占ってもらったら、この園は方角が悪いので辞めた方がよいと言われたのでやめます。
○○の方角がよいと言われたので、○○園にします。

 子どもにとって大切な基本をすり込む時に、人のせいにして言われるままに、子どもを振り回していたのでは、人間の基本は出来ないでしょう。
 お母さんが、イライラするのは、あなたのせいよ!
 どうしてお母さんをイライラさせるの!
と言う親も少なくありません。
 朝、10分早く起きたならば解決する事なのに、朝は、寝たい放題起きたと同時に子どもにガミガミ言い、「早くしなさい、お母さんがお勤め遅れるでしょ。どうしてグズグズするの」と朝から大声発信地は自分です。
 親が、いつまでもグズグズしてやっと起きているからでしょう。
 「誰も見ていないからいいやの心」子どもの本能は知っているのです。

 子どもが、朝一回一回行動が止まり本当にグズグズして困っていますと、いう相談がよくあります。

●内田:
あなたが、朝まあいいやの心でズルズル寝ているでしょ。
子どもは、本能がわかるのですよ。

■相談者:
私は、子どもと別の部屋に寝ているのですが。

 へりくつを言われるのです。
 受け入れない、認めない、それでいて子育て学問は、びっくりするほどの理論を言われます。シンプルでよいのです。
 生活の基礎・基本があります。
 親が本心から気づかない限り、青少年の事件や事故はまだまだ続くでしょう。問題が大きい程、人のせい、物のせい、学校のせいにしています。自分から逃げているだけでは、解決しないでしょう。

2008年5月 内田玲子

今月のメッセージへ戻る

---All Rights Reserved, Copyright (C) 2002 REIKO UCHIDA OFFICE---
当サイトに掲載されている全ての内容(文書、画像等)の転載、使用を一切禁じます
-内田玲子 事務所-