多くの皆様より講演を考えたいからホームページを見たいと温かいお声を頂くなかで私の思いをご紹介させて頂きます。時々ご覧頂けましたら幸いです。

-2007年 9月分メッセージ-

幼児期の親のかかわり方

 ドイツの教育家 フレーベルの名言に

「子供は、五才までに、
その生涯に学ぶべき事を学び終る」

とあります。
 この時期に、人生にとって必要な、生きる力となる基確・基本を教える事を優先するか、あるいは、子育てを学問化して小さい時から早期教育をして、ギュッギュッ詰めにするとか。この時から、別れ道になるでしょう。
 「三つ子の魂 百までも」という、ことわざにもあるように、三才までに人間の生きる力となる、基本を教えられる子は、幸せの道に入るでしょう。

 データをねじ曲げ、三才までに脳が開く早期教育は、早い方がよいと報道されていました。
 親は焦る心で、まだ小さな幼な子を親の思いで、ギュッギュッ詰めにしていました。

 ある臨床心理士は、「臨床の現場で会う子供のなかには、幼いころから、あまりにも多くを教え込まれ、問題をかかえた子供がいる」と警告しています。
 二才・三才は親が、びっくりするほど覚えて行きます。
 私は、我が子がどんどん覚えて行く時、早期教育したら伸びるのではないかしらと思った事もあります。
 情報のたれ流しに流されるか、人間として生きる力をつけるために、基本を優先するかによって、人格が出来上がっていくでしょう。

 一才には、一才の器しかないのです。
 生まれて365日の中で、お母さんが笑えば、赤ちゃんもニッコリします。
 お母さんが、ブスッとしていると、赤ちやんは無反応になります。
 心が育つ大切な時に、早期教育でギュッギュッ詰めにすれば、思春期になって、やる気のない子になっても、しかたのない事でしょう。
 親が育てたように育っているのです。

 人生はブーメラン、やった程度の事が戻って来ます。
 たった一つ救いはあります。
 「親が自分を認めた時に、子供はおちつきます」

2007年9月 内田玲子

今月のメッセージへ戻る

---All Rights Reserved, Copyright (C) 2002 REIKO UCHIDA OFFICE---
当サイトに掲載されている全ての内容(文書、画像等)の転載、使用を一切禁じます
-内田玲子 事務所-