多くの皆様より講演を考えたいからホームページを見たいと温かいお声を頂くなかで私の思いをご紹介させて頂きます。時々ご覧頂けましたら幸いです。

-2007年 1月分メッセージ-


あけましておめでとうございます
昨年も皆様にお読み頂きうれしく思います
本年もよろしくお願いします


よく聞く

 ある県の講演に行きました時、保護者の方が私の所に来て、次のような事を言われました。

 「子どもが未熟児で産まれ、他の子に比べ能力が劣っていましたので、『何で!! どうして!!』と子どもが聞いてばかいるので、私は何回同じことを聞くのかと、うるさく思い、いつもイライラして、はね飛ばしていました。最近主人が、息子の言う事を時間をかけてゆっくり聞き、息子に答えています。すると不思議な事が起きました。
 息子は未熟児だから仕方ない、未熟児だから覚えられないとか、この子は、他の子どもについて行けないと、決め込んでいました。
 主人が本気に向き合うようになってから、びっくりする程息子の成績がグーンと伸びたのです。いい加減だった自分を反省しました。内田先生の講演を聞き、『そのものに答える。いらない事は言わない』主人の姿の中からその通りと思いました。」と反省しておられました。

 反省することは前進する事ですから、イライラも取れるでしょう。
 聞いてもらう事で自分を受け入れてもらえたと、認めた時に、自分にも自信がつき安心感も出て来ます。難しく考える事はないのです。シンプルで良いのです。

2007年1月 内田玲子

今月のメッセージへ戻る

---All Rights Reserved, Copyright (C) 2002 REIKO UCHIDA OFFICE---
当サイトに掲載されている全ての内容(文書、画像等)の転載、使用を一切禁じます
-内田玲子 事務所-