多くの皆様より講演を考えたいからホームページを見たいと温かいお声を頂くなかで私の思いをご紹介させて頂きます。時々ご覧頂けましたら幸いです。

-2006年 12月分メッセージ-

なぜいじめるのか?
なぜいじめられるのか?

 毎日のように、いじめ問題が報道されています。いじめられて中学生が自殺したと言えば、学校も文部科学省もその対応に追われています。自殺の決心をして実行するまでには、たくさんのサインがあったはずです。
 「根」は家庭の中にあるのです。
 いじめる子も、いじめられる子も親が心のクセで育てた結果なのです。
 家の中で親の吐け口に使われたとか、姑とのイライラを子供にぶつけたとか、上の子には厳しく下の子には甘くの差別の子育てをしたとか、親の見栄、プライドで一週間休みなく塾にやり、子供の嫌がる心も受け入れず、あなたの将来のためと言って、訳の分からないことを言い脅かしながら、親の心を押し付けているなど、イジメ育てをしている事にも気付かず、サインを送っても受け入れず、家の中で受け入れてもらえない子が、外で受け入れてもらえるでしょうか? 家の中で可愛がられていない子が外で可愛がられるでしょうか?
 家の中でイジメ育てをされている子が、外でストレスのはけ口に使われないでしょうか? 家の中は練習場で学校は晴れ舞台です。自分の子供をいじめる人はいませんよと言う人もいますが、自分のクセに気付いてないのです。
人間は生まれた時は純白です。
 親がどのような生活のクセをすりこむかです。いじめる子は、言い訳は上手で、オレは親にされた事を学校でストレスの解消のため爆発していると言っていました。いじめられる子は、ガミガミ親に言われ、親に愛されてないと思い、自分に自信がなく、名前を呼ばれただけでおどおどするようになるのです。いじめられて自殺した子だけを報道関係者は騒いでいますが、いじめた側の事実関係を取り上げなければ解決はないでしょう。中学生は、連鎖反応で次々に自殺している今の現状では、理論や知識を並べたてても抜本的に梃入れしない限りイジメはなくならないでしょう。

2006年12月 内田玲子

今月のメッセージへ戻る

---All Rights Reserved, Copyright (C) 2002 REIKO UCHIDA OFFICE---
当サイトに掲載されている全ての内容(文書、画像等)の転載、使用を一切禁じます
-内田玲子 事務所-