多くの皆様より講演を考えたいからホームページを見たいと温かいお声を頂くなかで私の思いをご紹介させて頂きます。時々ご覧頂けましたら幸いです。

-2006年 3月分メッセージ-

振り込み詐欺

 次のような相談をされました。

■相談者: 「22歳の長男が、振り込み詐欺で逮捕されたのです。私は、母親として、どうすればよいでしょうか」

●内田: 「子供は、親の生活と心のクセをコピーして育っていますので。 幼児期に、どのように関わって来たかを認めることが優先です」

■相談者: 「一流と言われる先生のお話を聞いたり、いろいろな塾に通わせました。医者にするつもりでしたから…」

●内田: 「親の思いを押し付けただけでしょう。オハシの持ち方もわからないうちから、人権を無視してギュウギュウ詰めにすれば思春期には結果となって答えは出るのです」

■相談者:「どうしたらよいでしょうか。監獄から出てくるのが怖いのです」

●内田: 「逃げても答えは出ませんよ。答えはどのように関わって来たか、あなたの体の中に答えがあるのです。偉い人が、答えは持っていません。自分を認めれば解決の糸口が出て来ます」

■相談者: 「認めれば答えが出ますか」

●内田: 「出ます」

■相談者: 「長男は、@おねしょ、Aウソをつく、B頭をよく打った、C家の中のものを壊す、D万引きなどいろいろありましたが、振り込み詐欺と関係ありますか」

●内田: 「あります。子供は小さいときからサインを送ります。 心の変化はサインで教えます。気付いたときに間に合います」

2006年3月 内田玲子

今月のメッセージへ戻る

---All Rights Reserved, Copyright (C) 2002 REIKO UCHIDA OFFICE---
当サイトに掲載されている全ての内容(文書、画像等)の転載、使用を一切禁じます
-内田玲子 事務所-