多くの皆様より講演を考えたいからホームページを見たいと温かいお声を頂くなかで私の思いをご紹介させて頂きます。時々ご覧頂けましたら幸いです。

-2005年 11月分メッセージ-

自分を認める

 子供に何か問題が起きた時、私は、ちゃんと育てて来た、子育ての勉強もして来た、と言われるとよく耳にします。
 私は、息子にある時、次のようなことを言われました。

■息子:
「オレは、小さい頃、おふくろに脅かされて来たので、弱い人間になった」

■私:「エーッ!! 脅かした覚えはないよ。息子が生まれた日に、娘(長女)のようにガミガミ言ってはいけない、男の子として、生きる力をつけてやらなければと決心して育てて来たよ。
長女には、毒ガスをかけたが、あなたには、ゴミの言葉はかけなかったよ」

■息子:
「オレは小さい頃から、おふくろは怖がりで心配性だから、友達と川に遊びに行って来るというと、ダメ危ないから。
友達と○○へ遊びに行って来る…と言うと、ダメ危ないと言い、何を言ってもダメダメといわれ、おふくろの怖がりの心を押しつけられ、オレは弱ッピーの人間になったよ」

■私:「一生懸命育ててきたと思っていたので、自分の心のクセで育てた事に気付かなかったよ。悪かったね」

■息子:「分かればいいよ。そしてオレは、小3の時、みんなと自転車で遊びに行った時、みんなスイスイ行くのに、小3になっても、おふくろが危ない危ないと言って、補助輪を取ってもらえなくて、みんなについていくのが、必死だったよ」

■私:「そうだったねぇ。本当にすまなかった。私は、人間としての生きる力を付けてやっていると思っていたが、申し訳なかったね」

■息子:「確かに、やってよい事、やっていけない事は、よく教えてもらったが、心はおふくろの怖がりをコピーさせられたよ。おふくろが自分を認めたのでオレも心がスッキリしたよ」

 今迄、必死に男として、社会に出た時に、困らないようにと生活の基本は、生活の中でくり返し教えてきました。まさか、脅かしたとは、思いもしなかったし、よしと思っていました。
 今、息子が40歳になり私は69歳になって、初めて自分を認められました。

2005年11月 内田玲子

今月のメッセージへ戻る


---All Rights Reserved, Copyright (C) 2002 REIKO UCHIDA OFFICE---
当サイトに掲載されている全ての内容(文書、画像等)の転載、使用を一切禁じます
-内田玲子 事務所-