多くの皆様より講演を考えたいからホームページを見たいと温かいお声を頂くなかで私の思いをご紹介させて頂きます。時々ご覧頂けましたら幸いです。

-2005年 10月分メッセージ-

豊かな子育て親育ち

 大人になりきれない親が、子供を豊かに育てようとしても、親の程度しか育たないのです。
 物を与えて豊かにしてやっていると思っても、親の見栄や満足だけでしょう。

★ お 母 さ ん か ら の 質 問 ★
■親:息子は四歳ですが牛乳が大好きな子です、親仲間のリーダー的な人で食を勉強している人に「子供に牛乳を飲ませるとキレル子になる」と言われ、ずーと悩んでいます、本当でしょうか。

●内田:あなたが、この話しを聞いたとき、心はどう思いましたか?

■親:エーッと思いました。

●内田:それが、答えですよ、一人一人心の中に答えを持っているのです。

●内田:生活の中に答えがあるのですよ、牛乳を飲ませたからキレルのではなく、親がそのように育てているのです。

■親:よかった、スッキリしました、今までモヤモヤしていました。リーダーに何か言われたらどうしょうと、集まりに行くたびにドキドキしていました。

●内田:人間はどんな人でも、みんな心の中に答えを持っているのです。「エーッおかしい」と心が思ったことが、正しい答えなのです、自分の心を信じないで。

●内田: ○ あの人は勉強しているから。
       ○ あの人は地域のリーダーだから。
       ○ あの人は大学を出ているから。
自分の心を押し込み他人の意見に惑わされるから、今の世の中だましが横行しているのです。

★ ひ と こ と ★
「最初の心が答えです」
心が弱い場合、惑わされたり、ためされたりしますので、人に言われて「エーおかしい」と思ったら、おかしいのです。
「アッ危ない」その先に、危ない事が待っています。
自分の心を第一にする事が豊かな子育てにつながるのです。

2005年10月 内田玲子

今月のメッセージへ戻る

---All Rights Reserved, Copyright (C) 2002 REIKO UCHIDA OFFICE---
当サイトに掲載されている全ての内容(文書、画像等)の転載、使用を一切禁じます
-内田玲子 事務所-