多くの皆様より講演を考えたいからホームページを見たいと温かいお声を頂くなかで私の思いをご紹介させて頂きます。時々ご覧頂けましたら幸いです。

-2005年 9月分メッセージ-

生活のクセの一例(マイナス)
少年は逮捕されたが…

 19歳の女子大生が、当時17歳の少年に殺害された。
 現在二十歳になった、少年は逮捕されたが、取り調べに「人を殺すつもりで家を出た」と言っています。
 「やる」と心が決まった時は、その心を変えることは難しいでしょう。腹が決まるまでには、何度も何度も、考え直すチャンスはあるのですが、少年のように、とことん行くこともあります。運が悪いのではなく、親のマイナスに考えるクセが、子どもにコピーされているのです。
 親の育てたように育ちますので、小さい頃から、怒られ、驚かされながらの子どもは、不安と不満が体にコピーされているので、自分はダメ人間と思うようになり、どんどん引っ込み、勇気が失われて行きます。
 今度は親や人を恨むようになるでしょう。
 何でも、あきらめるようになります。「俺は、どうせなにも出来ない」と最初からやろうとしなくなります。
 家の中は練習場です。生活の中で、一つ一つ、プラスをかけていると、受け止め方がプラスのクセになるでしょう。答えは生活の中にあるのです。

 リンカーンの名言に、
 「たいていの人々は、自分で決心した程度だけの幸福になれる」とあります。

2005年9月 内田玲子

今月のメッセージへ戻る


---All Rights Reserved, Copyright (C) 2002 REIKO UCHIDA OFFICE---
当サイトに掲載されている全ての内容(文書、画像等)の転載、使用を一切禁じます
-内田玲子 事務所-