夢叶う!「シダレザクラ」の植樹と「記念碑」が建ちました
 

  私は、一本松に住んでいる時から「人の役に立つ人間になりたい。心の弱い人に勇気を与えられる人間になりたい」と、ずっと心の中に秘めていました。
 その志を持って上京しましたが、大都会には苦難の荒波が待っていました。


「どんな事でも絶望より希望を持つほうがいい」



ゲーテのこの名言に励まされてきました。
そして夢にまで見たふるさと愛南町一本松に、
2012年2月「シダレザクラ」の植樹と「記念碑」が建ちました。


七十五才、弱い自分に負けないで生きてきた「答」だと思っています。


                                  ありがとう、感謝一杯です! 
                                            内田 玲子


★ 愛南町の方より温かいお手紙を頂きました。

シダレザクラがあなたのふるさとへの思いとともに、しっかりと大きく成長してくれる事を願っています。

 
 
     



最新のトピックスへ戻る

---All Rights Reserved, Copyright (C) 2002 REIKO UCHIDA OFFICE---
当サイトに掲載されている全ての内容(文書、画像等)の転載、使用を一切禁じます
-内田玲子 事務所-